イワタニの安全機能 Safety functions of IWATANI

マグネット方式のカセットボンベ装着

危険防止を追及した安全機構。しかも簡単。

マグネット方式のカセットボンベ装着

圧力感知安全装置

カセットボンベが加熱されて温度が上がり、内部圧力が異常に上昇して0.4~0.6MPa(4~6kg/㎠)の範囲になると、自動的にカセットボンベがはずれてガスの供給が止まり、火を消します。

もし、安全装置が作動したら…

器具せんつまみを【消】の位置に戻します。
安全装置の作動原因を除きます。こんろを覆ってしまう補助具、ボンベカバーの上にかぶさる鍋、ジンギスカン鍋、魚焼き器、特殊鍋は使わないでください。
カセットボンベを取り外します。
新しいカセットボンベ、または外して常温に戻したカセットボンベをセットします。

圧力感知安全装置

カンタンで確実なマグネット式着脱!

手順1
まず、器具せんつまみが【消】状態になっていることを確認します。
手順2
カセットボンベの切込み凹部をこんろの容器受けガイド凸部に合わせます。
手順3
そのままスライドさせて「カチャッ」と音がするまで押し込むだけでOK!

危険を防止するその他の安全機能

□容器装着安全装置
容器装着安全装置とは、器具せんつまみが【消】に戻っていないと、カセットボンベがセットできない安全装置です。
□容器受口加圧式機構
容器受口加圧式機構とは、カセットボンベを接続する容器受口部分に大小2個のOリング(シール材)を内蔵し、接続部を強く密閉することで、気密性・安全性を高めた機構です。

しる受け反転防止装置

しる受け反転防止装置

しる受け反転防止装置とは、しる受けが反転していて、正しくセットされていない場合、ごとくが水平にならず、鍋などが置けないようにした安全装置です。

ヒートパネル

最後まで火力を落とさず、ガスをほぼ完全に消費できる。

ヒートパネル

カセットボンベを使用する器具は、時間とともに火力が低下する性質があります。これは燃焼による気化熱の影響でカセットボンベの温度が低下し、ガスの気化が悪化してしまうからです。これを補うためにカセットボンベを適度に温めて器具の火力を維持させるのが「ヒートパネル」です。これにより最後まで火力を維持し、またガスを無駄なく消費することができます。

ヒートパネル搭載

ヒートパネル

フッ素加工

高性能プレコートフッ素鋼板を採用。

フッ素加工

トッププレートに高性能プレコートフッ素鋼板を採用し、汚れのふき取りを容易にしました。

汚れに対する比較テスト(右、写真)
卵、砂糖、しょう油の混合液をフッ素鋼板にたらし、これを260℃まで熱した後、汚れを除去。このサイクルを同一場所に5回実施した後の状態。当社フッ素鋼板の抜群の耐汚性を示しています。

高性能プレートフッ素鋼板

高性能プレートフッ素合板

通常フッ素加工

通常フッ素合板

ページの先頭へ