ジュースづくり

毎朝、とってもカンタン。新鮮なジュースをどうぞ。

材料の準備

 材料の準備
野菜や果物を水分といっしょにミルサーにかけるとジュースができます。
水分には牛乳やドリンクヨーグルト・水などの液体をお好みでご使用ください。
(水分を加えないで野菜や果物だけをミルサーにかけてもジュースを作ることはできません。)
材料となる野菜・果物のうち、葉野菜類は葉の部分を適当にちぎって容器に入れます。
果物やニンジンなどかたまり状の材料の場合は、スライス状に切ってから容器に入れます。
材料と水分に加え、冷蔵庫の角氷をいっしょに入れると、攪拌が促進されて早く出来上がり、
冷たくておいしい仕上がりになります。

材料を容器に入れる~分量の目安

材料を容器に入れる~分量の目安
材料と水分の分量は、容器に入れた材料の量に対して、ひたひたよりやや少な目くらいの
水分量が目安となりますが、材料の種類やお味のお好みで適正分量は異なりますので調節して
ください。
水分量が少なすぎると、材料がうまく攪拌せず、ジュースにならない場合があります。
容器に表示されている規定線より多く材料を入れないでください。
モーターに過剰な負担がかかり安全装置がはたらく場合があります。

作動させる~時間

作動させる~時間
材料の入った容器にカッター(パッキンが所定の位置にきちんとはまっていることをご確認ください。)を装着して、モーター本体にセットして、スイッチカバーをかぶせて押さえ作動させます。 20~40秒作動させてください。
この時、材料によっては、カッター部分だけが空回りして材料が攪拌されない場合があります。
このようなときは、作動させたままの状態で両手に持って、少し振りながら行ないますと攪拌が促進されます。

続けて使う場合(2分間モーターの場合)

ページの先頭へ