ジュースづくり(ジュース容器)

ジュース容器でつくる健康ジュースづくり。
(ジュース容器はIFM-650Dに付属されています。)

材料の準備

①材料は以下のものをご利用ください。

・野菜・果物などのジュースにする材料
・牛乳・水などの水分
・冷蔵庫の角氷
※市販のロックアイスは使えません。
※味を美味しくするために「砂糖」や「はちみつ」「レモン汁」などの補給材料を使います。

②材料を切ります。

にんじんやりんごなどの塊状の野菜や果物は、角切り、または乱切りにします。
※小松菜等の葉野菜は5cm程度の長さに切ります。

ジュース容器にかける

③ジュース容器に材料を入れます。

③ジュース容器に材料を入れます。

ジュース容器には、葉野菜+野菜(果物)+水分+氷の順に軽いものから入れるようにして、上段は重いものになるようにします。
また、葉野菜はかさがあるので、上から押さえるようにすると作動しやすくなります。
※氷は必ず最後に入れてください。

④ジュース容器にふたをして、本体にセットします。 ④ジュース容器にふたをして、本体にセットします。

④ジュース容器にふたをして、本体にセットします。

本体へのセット方法は、付属の取扱説明書をご参照ください。

⑤ジュース容器のふたを軽く押さえながら、本体中央部のスイッチボタンを押し、作動させてください。

⑤ジュース容器のふたを軽く押さえながら、
本体中央部のスイッチボタンを押し、作動させてください。

※材料によって異なりますが、約20~60秒くらい連続作動させてください。

出来上がり

⑥ジュース容器を本体から取りはずします。

⑥ジュース容器を本体から取りはずします。

本体からの取りはずし方法は、付属の取扱説明書をご参照ください。

⑦ふたをはずし、グラスに注ぎます。 ⑦ふたをはずし、グラスに注ぎます。

⑦ふたをはずし、グラスに注ぎます。

※ふたは親指で持ち上げるようにすると簡単にはずせます。
※ふたはジュース容器を本体から取りはずした後に取ってください。

※安全装置について

分量が多すぎると安全装置がはたらいてモーターがストップする場合があります。
その場合は分量を少し減らしてから本体底部にある赤いリセットスイッチを押すと、元通りに使うことができます。

ページの先頭へ