ペーストづくり

離乳食や介護食、あるいは病中・病後食にとてもおいしいペースト&スープ。

材料の準備

 材料の準備
加熱調理済みの材料にダシ汁などの水分を加えてミルサーにかけると、ペーストが作れます。
ペーストにする材料は必ず加熱調理して、そのまま食べられるように軟らかくなっているものを
ご使用ください。
材料は野菜・魚・肉、と種類を問わずペーストにすることができますが、野菜の特に堅い皮や芯の部分、魚の骨(小骨を含む)・イカやタコの皮、肉のスジ、などはペーストにすることはできません。
水分には煮汁、ダシ汁(材料の種類によって洋風・和風・中華風など)、牛乳などをご利用ください。

材料を容器に入れる~分量の目安

材料を容器に入れる~分量の目安
容器とカッターのネジ部を合わせてカッターを時計方向に回してきちんと閉めます。
ゆるい場合は材料が漏れてしまうことがあります。
ペーストにする材料は、加工前の状態で、容器の半分以上にならないようにしてください。
分量が多すぎると、ペーストがきれいに作れなかったり、安全装置がはたらく場合があります。
水分の分量の目安は、材料の2/3程度の量になりますが、ペースト状態やお味のお好み、材料の種類によって調節してください。

作動させる~時間

作動させる~時間
材料の入った容器にカッター(パッキンが所定の位置にきちんとはまっていることをご確認ください。)を装着して、モーター本体にセットして、スイッチカバーをかぶせて押さえ作動させます。
20~40秒作動させてください。 この時、材料によっては、カッター部分だけが空回りして材料が攪拌されない場合があります。
このようなときは、作動させたままの状態で両手に持って、少し振りながら行ないますと攪拌が促進されます。

続けて使う場合(2分間モーターの場合)

ページの先頭へ