知って、安心 カセットボンベの使用期限と処理方法

カセットボンベの使用期限の目安は、製造から約7年です

 カセットボンベには、ガス漏れを防ぐためゴム部品が使用されています。ゴムはご使用の頻度に関わらず、経年劣化していきます。そのため、製造から約7年以内を目安に使い切りをお願いしています。
 ただし、製造から7年以内のボンベでも、錆がでている、変形や歪みがある、キャップがされていない等の場合は、劣化が早く進行している可能性があるため、お使いにならないでください。なお、非常時への備えについては「ローリングストック法」での備蓄を推奨しています。

確認イメージイラスト

製造年月の確認

カセットボンベの製造年月日は、缶底の数字で確認しましょう。

缶底のイラスト

詳細はこちらから⇒

ご注意ください!
このようなカセットボンベは使えません。

一例写真

詳細はこちらから⇒

古くなってしまったカセットボンベは正しい手順で処理を

古くなって使えない、ボンベが錆びていて処分をしたい。そんな場合は、以下の方法でガスを抜いて廃棄してください。
ガスが残ったまま廃棄することは、ゴミ収集車や処理場で事故が発生するため各自治体が禁止しています。

カセットボンベの正しい処理方法

STEP1
屋外の風通しの良い場所で、周囲に火の気がないことを確認します。
庭のイラスト
STEP2
キャップをとり、先端を下向きにして、コンクリートなど硬い所に押し付けます。 液体状のガスが、シューと出て、気化していきます。 (ガスには、玉ネギが腐ったようなニオイがついています)
缶のイラスト
STEP3
ガスを出し切ったら、ボンベを振ってください。
「シャカシャカ」と音がしなければ、ガスが抜けて空になった状態です。音がする場合は、空になるまで出し切りましょう。(缶が冷えきってガスが出ない場合は、缶を少し手で温めてから行ってください)
缶のイラスト
STEP4
ガスを出し切った後は、お住まいの地域のごみ出しの取り決めにしたがって廃棄してください
廃棄のイラスト

注意事項【注意事項】

・ガスが入った状態で穴をあけると、ガスが噴出して途中で止められなくなり危険ですので、絶対におやめください。
・ガスは空気よりも重く下部に溜まります。
・ベランダなど囲まれた場所は排出したガスがこもりやすいため大変危険です。ベランダでの作業は、絶対におやめください。

ページの先頭へ