カセットボンベ

Q1:カセットボンベの有効期限はどれぐらいですか。

●Answer

保管状況によって状態が異なるため一概には申し上げられませんが、錆の無いことを確認して、製造日(缶底に西暦年月日で印字)から約7年以内を目安に使い切ってください。なお、その他不明な点があれば弊社までお問い合わせください。

Q2:缶の製造年月日はどこに記載されていますか。

●Answer

製造日は缶底に印刷されている数字でご確認いただけます。
缶底にはアルファベットと数字が印刷されていますが、数字の部分が製造年月日です。
①2003年以前のもの(数字部分が5桁です)
最初の1桁が西暦年の最後の数字、次の2桁が月、最後の2桁が日です。
例)91111=1999年11月11日
②2004~2012年のもの(数字部分は6桁です)
最初の2桁は西暦の下2桁、以下は①と同じです。
例)061111=2006年11月11日
③2013年~のもの(数字部分は8桁です)
最初の4桁が西暦、以下は①②と同じです。
例)20131111=2013年11月11日

Q3:ガスの残ったカセットボンベは、使用後どのように処分したらいいですか。

●Answer

ガスが入った状態で穴をあけると、ガスが噴出して途中で止まらなくなり危険ですので絶対におやめください。
ガスを抜く時は、屋外の火の気のない風通しの良いところで、カセットボンベのキャップを外し、先端を下にして、先端部をコンクリートなどに押し付けてください。そうすることにより、ガスが抜けていきます。ガスが出なくなった後、振っていただき、「サラサラ」とした音がしなければガスが抜けて空になっています。 ガスを抜いた後は、お住まいの地域自治体のごみ出しの取り決めに従って廃棄ください。

Q4:ガスは人体に有害ですか。

●Answer

ガスそのものは人体には無害な物質です。 多量に吸引すると酸欠により窒息死する恐れがありますので故意の吸引はおやめください。

Q5:使用中・使用後にカセットボンベが熱くなっているのですが大丈夫ですか。

●Answer

弊社のカセットこんろは、ガスの気化を促進し、ガスを最後まで使い切るようにヒートパネル方式等の加温装置を採用しています。(ジュニアサイズのこんろを除く)
ヒートパネルやバーナーからの熱や輻射熱により、カセットボンベの上面は熱くなりますが、カセットボンベの下面はそれほど熱くはなりません。(カセットボンベの下面は液体のガスがあるため)
なお、異常に熱くなった場合には、カセットこんろの安全装置(圧力感知安全装置)が作動し、カセットボンベを切り離してガスを遮断します。

Q6:カセットボンベは飛行機に持ち込みできますか。

●Answer

機内への持込みも、手荷物として預けることもできません。

Q7:イワタニカセットガスとイワタニカセットガスパワーゴールドは何が違うのですか。

●Answer

イワタニカセットガスパワーゴールドとは、寒い時期での屋外使用を想定した低温時対応ガスで、ブタンガスでも気化率の良いイソブタンの比率を高めています。

■イワタニカセットガス: 外気温 約10℃以上での使用※
■イワタニカセットガスパワーゴールド:外気温 約5℃以上での使用※
※目安の温度であり、若干下回っても使用(燃焼)できる場合があります。

カセットガス種類 ブタン純度 ブタン成分構成比 メーカー希望小売価格
イワタニカセットガス 95%以上 イソブタン:約30%
ノルマルブタン:約70%
350円(税抜き)
イワタニカセットガス
パワーゴールド
95%以上 イソブタン:約70%
ノルマルブタン:約30%
450円(税抜き)

Q8:海外で販売されているイワタニカセットガスは使えますか。

●Answer

海外の小売店でも弊社ボンベは販売されている場合がございますが、現在日本国内でお使いのこんろに対して、海外のガスはその国内向けの仕様となっており、日本の規格と異なります。 したがって、海外で販売されているボンベはお使いいただくことはできません。
ガス器具に関しては各国ごとの安全基準に適合していないと販売できないことになっております。そのため現在は各国共通で使用できる器具やボンベ等は存在していないのが実情です。

Q9:カセットボンベの保管はどのようにすればよいですか。

●Answer

火気や直射日光を避け、40℃以下の湿気の少ない場所にキャップをして保管してください。棚などの落下しやすい場所や子供の手の届くところには保管しないでください。また、ご使用後は器具からはずして保管してください。

Q10:どこで販売していますか。

●Answer

全国の総合スーパー、食品スーパー、ホームセンター、ディスカウントストア、家電量販店、コンビニエンスストア等で販売しておりますが、店舗によっては取扱いがない場合もございます。詳しくはフリーダイヤル、メールにてお問い合わせください。

Q11:ガスの成分について教えてください。

●Answer

95%以上が液化ブタンガスです。これは法律及びJIS規格によって定められています。

Q12:ボンベ1本の燃焼時間はどのくらいですか。

●Answer

ご使用の器具(こんろ等)のガス消費量によって異なりますが、目安としては、3.5kW(3,000kcal/h)のこんろの場合、強火で約1時間です。これは最大火力での連続燃焼時間です。詳しくはホームページの各商品情報をご覧ください。

Q13:カセットボンベはどのくらいの低い気温で使えますか。

●Answer

カセットボンベは成分のブタンガスの特性により、10℃を下回ると気化しにくくなり、5℃以下になると、ほとんど気化しなくなるためお使いいただくことはできません。なお、カセットガスパワーゴールド、カセットガスジュニアはブタンガスの成分が異なるため、通常のボンベよりも低温下でもご使用が可能です。目安としては、5℃を下回ると気化しにくくなり、0℃以下になるとお使いいただけません。

Q14:缶の材質はなんですか。

●Answer

スチール(鉄)です。

Q15:カセットボンベは高い山でも使えますか。

●Answer

標高約2,000mを越えると、酸素濃度が薄くなるため、ガスの噴出速度と電極からの点火のタイミングにズレが生じ自動点火しにくくなります。また標高が上がると気温も下がるため、ガスが気化しにくくなります。カセットボンベは成分のブタンガスの特性により、中の液化ガスの温度が10℃を下回ると気化しにくくなり、5℃以下になりますと、ほとんど気化しなくなるためお使いいただくことはできません。

Q16:使用中、使用後にカセットボンベの缶の表面に水滴がついたり、冷たくなりますが大丈夫ですか。

●Answer

内部のブタンガスが気化する際に熱を奪われてボンベが冷たくなります(気化熱)。場合によって空気中の水分が結露し、缶の周りに水滴となって付着することがあります。ブタンガスの特性によるもので問題はございません。

Q17:災害に備えて、どのくらい備蓄したらよいですか。

●Answer

カセットボンベの備蓄のめやすについて

内閣府では、南海トラフ巨大地震対策について、中央防災会議最終報告(2013年5月)の中で、 地震直後は行政支援が遅れることが想定されるため、一週間分以上の食糧、飲料水、生活物資などの家庭備蓄を確保するよう呼びかけています。
その中でカセットこんろ、カセットボンベも、地域で自活するための備えとして例示されています。

カセットボンベは一週間に何本必要となるか試算しました。

人数、環境、備蓄食料の内容などに合わせてご参考としてください。 ガスの気化および沸き上がり時間は気温によって大きな影響を受けるため、必要な本数が変わります。

気温10度の時・大人2人分の場合

気温25度の時・大人2人分の場合

試算明細表

備蓄食料の内容、カセットこんろの使い方等を、ご自身の場合にあてはめて試算の参考としてください。

 

想定用途分(2人分) 沸かす水量 使用鍋 気温 沸き上げ+維持時間 消費ガス量 1日3回の必要ガス消費 1日当たりの必要本数
食事 レトルト惣菜
パックご飯(各2個)
1ℓ 20cm
両手鍋
25℃ 強火4分30秒+
中火15分
強火17.7g+
中火29.5g
47.2g×3回=141.6g 0.6本
10℃ 強火7分40秒+
中火15分
強火30.2g+
中火29.5g
59.7g×3回=179.1g 0.7本
カップ麺(大)2個 1.2ℓ やかん 25℃ 強火5分 中火19.7g 19.7g×3回=59.1g 0.2本
10℃ 強火8分 中火31.5g 31.5g×3回=94.5g 0.4本
飲物 温かい飲物
(250ccを2杯)
0.5ℓ やかん 25℃ 強火2分30秒 9.8g 9.8g×3回=29.4g 0.1本
10℃ 強火4分 15.7g 15.7g×3回=47.1g 0.2本
お湯 お湯を沸かす
(洗浄、殺菌等)
1.2ℓ やかん 25℃ 強火5分 19.7g 19.7g×3回=59.1g 0.2本
10℃ 強火8分 31.5g 31.5g×3回=94.5g 0.4本
実験条件:
カセットこんろは発熱量2800kcal/hのもの。
鍋は薄手のアルミ鍋(フタなし)、やかんはステンレス製のものを使用し、無風状態で実験。

※上記は備蓄の参考、目安です。イワタニカセットガス1本には250g入っています。

ページの先頭へ